GMOコインのスプレッドは高い?広がる?他社との比較して検証

GMOコインは大手企業の運営で安心感がありますし、現物取引だけでなく仮想通貨FXもできて便利な取引所です。

しかし大手の運営となるとスプレッドが気になる人も多いのではないでしょうか?

販売所や仮想通貨FXのスプレッドは実質的にはサービス利用料のようなものなので、大手はスプレッドの負担が大きいというイメージを持つ人もいるかもしれません。

実際はGMOコインのスプレッドが他社と比べて大幅に広いということはありません。

さらに、GMOコインでは取引所形式も利用できますので、使い方次第でスプレッドの影響を小さくすることができます。

この記事ではGMOコインのスプレッドについて他社と比較しつつ解説します。

この記事を読むとわかること
  • GMOコインのスプレッド一覧
  • GMOコインのスプレッドを他社取引所と比較
  • スプレッドの影響を小さくするコツ

GMOコインはスプレッドが小さくお得に取引すできる仮想通貨取引所です。

取引所形式で注文すれば他の取引所と比べても小さいスプレッドで取引することができます。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

▼GMOコインの詳細については以下の記事をご参考ください。

【GMOコインの評判・口コミ】メリット・デメリットを徹底解説!

GMOコインのスプレッド一覧

スプレッド

2020年1月次点のGMOコインのスプレッドを調べてみると、以下のようになっていました。

銘柄 スプレッド
ビットコイン(BTC) 約38,000円
イーサリアム(ETH) 約700円
リップル(XRP) 約2,000円
仮想通貨FX(BTC/JPY) 約0.01%
仮想通貨FX(アルトコイン) 約0.2~0.5%

GMOコインは銘柄が多いので全てのスプレッドを常に把握するのは大変です。

しかし他の銘柄と比べて特別スプレッドが広かったり狭かったりする銘柄はありませんので、安心して利用できます。

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

GMOコインのスプレッドの大きさを他の取引所と比較

他社と比べてスプレッドの大きさはどうなのか実際の数字を比較してみました。

2020年1月の同じ日に、GMOコインとビットフライヤーで比較しています。

ビットコインのスプレッド

gmoビットコイン販売所

ビットフライヤーBTC販売所

GMOコインのスプレッドは約38,000円なのに対してビットフライヤーでは約48,500円という結果になりました。

イーサリアムのスプレッド

gmoイーサリアム販売所

ビットフライヤーイーサリアム販売所

イーサリアムはアルトコインの人気ナンバーワンなのでスプレッドも注目されます。

GMOコインは約700円、ビットフライヤーは約1,300円なのでこちらもGMOコインの方が狭いという結果です。

リップルのスプレッド

gmoリップル販売所

ビットフライヤーリップル販売所

日本人の仮想通貨投資家はリップルが好きなので、ツイッターなどでリップルのスプレッドがよく話題になります。

GMOコインは約2円、ビットフライヤーでは約2.2円ということになりました。

スプレッドは常に変動していますが、今回調べた2020年1月の時点では全体的にGMOコインの方が狭いという結果になっています。

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

GMOコインのFX(レバレッジ取引)のスプレッドの大きさ

4倍のレバレッジをかけてハイリスク・ハイリターンの取引ができる方法です。

仮想通貨FXでも購入価格と売却価格に差がありますので、スプレッドを手数料として負担することになります。

FX取引においてもスプレッドの確認方法は簡単で、仮想通貨FXの取引画面を開いて、「BID(売)」と「ASK(買)」の差額を計算するだけです。

2020年1月にビットレ君で仮想通貨FXの価格を調べてみると、下の画像ようになっていました。

ビットレ君価格

このようにBTC/JPYのペアでは約0.01%程度、アルトコインでは約0.2~0.5%程度となっていました。

ただし価格は常に変動しますし、FXはリスクも大きいので、取引の都度確認するようにしましょう。

仮想通貨FXのスプレッドはアプリ「ビットレ君」で簡単に確認できます。

画面下部メニューの一番右にある「銘柄」をタップすると、そのときの売りと買いそれぞれの価格をリアルタイムで確認することができます。

GMOコインのスプレッドは広がるって本当?

GMOのスプレッドは常に変動していますので、広さをチェックするタイミングによっては広がることもあります。

しかしこれはGMOコインに限った話ではなく、販売所形式ではどの取引所でも起こることです。

たまたま狭いときの価格差を覚えていて、次回にチェックすると大幅に広がっているように感じることもあるかもしれません。

逆に、あるタイミング価格を調べて、別のタイミングで再度調べてみるとスプレッドが狭くなっているということもあります。

「この取引所はスプレッドが広い」という先入観を持ってしまうと、お得に取引できる機会を失ってしまうことにもなりかねません。

価格は常に一定ではなく広がることも狭くなることもあるということをおさえておいて、自分が納得できるタイミングで取引するようにしましょう。

GMOコインのスプレッドは広い(高い)の?

国内取引所だけでもかなりの数がりますので、GMOコインのスプレッドは広い方なのかということも気になりますよね。

しかし国内取引所は手数料やスプレッドでは各社大きな差がなくなってきていますので、GMOコインのスプレッドが特別広いということはありません。

もちろんある特定のタイミングではGMOコインが他社より広いこともありますし、その逆もあります。

そこで、販売所のスプレッドが気になる人は、GMOコインも含めて複数の取引所に登録しておくという方法がおすすめです。

たとえば、GMOコインとコインチェック、そのほか気になる取引所があればそれらに登録しておくことで、それぞれの価格を正確に調べることができます。

実際の数字を比較しながら、そのとき条件のよい取引所を使うということができます。

そうすれば、頻繁に販売所で取引する人でも、知らないうちにスプレッドで損をしていたということを避けることができます。

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

GMOコインのスプレッドの影響を小さくするコツ

スプレッドをの影響を小さくして取引の負担を軽減するコツを紹介します。

頻繁に取引するなら取引所形式を利用する

非常に効果が高いのが、販売所ではなく取引所形式で売買するという方法です。

業者と直接仮想通貨を売買する販売所だけでなく、ユーザー同士で取引する取引所形式も利用できます。

取引所では数量だけでなく取引価格も自分で指定できますので、スプレッドを気にする必要がないのです。

もちろん取引所形式は取引板を使いますので、板注文のやり方を覚える必要はあります。

しかし取引ツールはとても使いやすいので、最初は少額の取引から始めればすぐに慣れることができるでしょう。

スプレッドが縮小されるキャンペーンを利用する

たまにスプレッドが大幅に縮小されるキャンペーンが実施されることがあります。

こまめにキャンペーン情報をチェックして、お得なものがあれば参加してみるのもオススメの方法です。

過去には「スプレッド大縮小キャンペーン」ということで、BTC、ETH、XRP、LTCの4銘柄で約1ヶ月にわたって60%縮小されるという派手なキャンペーンもありました。

今後も同様のキャンペーンがある可能性があります。

仮想通貨FXのスプレッドが縮小されることもありますので、キャンペーンが実施されているときは最大限に活用するとよいでしょう。

GMOコインのスプレッドまとめ

GMOコインでは現物取引の販売所と仮想通貨FXでスプレッドが実質的な取引手数料となります。

実際のスプレッドを調べてみると、GMOコインのスプレッドが他社より大幅に広いということはありませんので、安心して利用することができます。

GMOコインには取引所形式の板取引もありますので、現物取引では手数料負担を大幅に軽減できるのがメリットです。

さらに時期によってはスプレッド大幅割引キャンペーンが実施されることもありますのて、お得に利用できる取引所です。

取引手数料やスプレッドが気になる人はGMOコインの登録を検討してみてはいかがでしょうか?

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です