【2020年最新】おすすめ仮想通貨をランキング形式で紹介!将来性のある通貨は?

仮想通貨というとビットコインのみをイメージする方が少なくありません。

しかし、仮想通貨は今この瞬間も生まれているといっても過言ではない位非常に多くの種類が存在しています。

一瞬で価値のないデータになってしまった仮想通貨や詐欺の材料として利用されている仮想通貨、そして1通貨単位で数十万円という価値を今も持ち続けている通貨もあります。

そんな数多くある仮想通貨の中から今回以下の有力通貨をピックアップし、その詳細をお話しします。

紹介する仮想通貨
・ビットコイン
・リップル
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ネム

そして仮想通貨の選び方として将来性や取引量、詐欺コインの有無と言った点についてもまとめました。

これを読めばきっと仮想通貨の代表的な種類について知ることができます。

まずは選び方について解説を行っていきましょう。

仮想通貨を買うならコインチェックがおすすめです。

まだ登録していない人は今のうちに登録しておきましょう!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

仮想通貨の選び方

仮想通貨の選び方ですが、先ほどもお話ししたとおり、将来性、取引量、そして詐欺コインかどうかという3点が重要です。

この3点について今から解説を行っていきます。

将来性があるか

将来性については仮想通貨にとってとても重要なことです。

仮想通貨もドルや日本円、中国元のようないわゆる現実のお金、法定通貨のような存在を目指して開発されています。

しかし、価値を得ることができず、将来的に消えてしまうような仮想通貨と言うようでは、非常に問題です。

特に自分で保有しようと考えた場合、保有して次の年に価値を失い、ただのデータになってしまったということになったら、株式などの証券が会社倒産で紙くずになってしまうのと同様のことになってしまいます。

そういった意味で、今から自分が購入しようとしている仮想通貨は将来性があるのかどうかと言ったことは非常に重要になるのです。

幸い、日本国内の仮想通貨取引所には比較的将来性のある仮想通貨がほとんどを占めており、安心して購入できる通貨が多いという傾向があります。

しかし、会社の株式同様にいきなり価値を失ってしまうということもあるため、将来性はどうなのかということはきちんと吟味しておく必要があるのです。

特に海外で生まれ続けている新しい仮想通貨は非常に価値を持つ可能性がある反面、一瞬で価値を失うという可能性も持ったハイリスクハイリターンの通貨がほとんどを占めています。

もし、国外で新たに生まれる仮想通貨を買う場合は、数年後の将来像を明確にイメージできないものは極力買わないようにする必要があるのです。

取引量が多いか

取引量の多さも重要です。

仮想通貨は売買を繰り返すことで価値を保っています。

そのため取引量の多さは非常に重要です。

逆に取引量が少ないと一部の悪意あるユーザーや一瞬の値動きを狙った個人投資家の格好の餌食となることが多く、非常に価値が乱高下した後、用が無くなったら全て売却されて価値がなくなるという末路をたどる通貨もあります。

そういった意味で流通量が多いことによって一部のユーザーによって価値が乱高下することなく保有することができるだけでなく、自分の仮想通貨の資産(暗号資産)を守ることにもつながるのです。

そういった意味で仮想通貨で資産形成をしたい場合はマイナーなコインではなく、メジャーなコインで取引量の多いものを保有することで価値を維持するという考えもあります。

それでも仮想通貨の価値はドルや円、ユーロなどの法定通貨に比べてはるかに乱高下しやすく、ニュースにもなるような価値の変化をもたらすことも少なくありません。

しかし、リスクを避けるという意味では少しでも取引量の多い仮想通貨を保有しておく必要は十分にあると言えるのです。

詐欺コインではないか

詐欺コインではないかというのもポイントです。

これは非常に問題になっており、仮想通貨の知識が乏しい日本人が世界的に見て格好の餌食となっています。

またこういったものが横行しているために中国では厳罰で規制がかかっているほか、アメリカや日本、ドイツでも銘柄の規制や取引の規制がかかっているのです。

具体的なものとして仰々しい開発目的を非常に難しい言葉で並べて将来性があるコインという嘘の情報を吹聴したり、有名企業の出身者が開発したことや創業メンバーが多数いて皆優秀なスタッフであるということを真実のように語るケースがあります。

そしてそういったマイナーな仮想通貨を上場前に法外な値段で購入させ、取引所に上場した瞬間に創業者は全て売り払い、巨額の現金を手にし、騙された人々は価値を失った仮想通貨だけが残るという悲惨な状況が残るというのが代表的な詐欺コインの手法であるICO詐欺です。

こういった詐欺は日本でも起こっており、日本人の詐欺師が海外のそういった組織と関わって、案件のすばらしさを吹聴して回り、詐欺コインを買わせて、連絡が取れなくなるというものも実際にあります。

なので、初心者はどんなに美味しい話であっても流通前のコインには手を出さないのが得策です。

自信がつくまでは国内の仮想通貨取引所で扱っているコインを購入することをお勧めします。

仮想通貨取引所ならまずは定番のコインチェックに登録しておけば間違いありません。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

【2020年】おすすめの仮想通貨ランキング!

おすすめしたい仮想通貨として、先ほど紹介した将来性が比較的あり、流通量も多く、詐欺コインではない(数年以上一定の価値を持っている)仮想通貨をランキング形式で紹介していきます。

1位 リップル

今から仮想通貨を取引するならリップルが一番おすすめ。

リップルは銀行の送金手段で利用されることを目的とした仮想通貨です。

そのため海外送金という今まで非常に時間がかかっていた送金が一瞬にして行えるようになるというポテンシャルを持っており、更に送金手数料も安いことから注目の通貨と言われています。

リップルの特徴

リップル最大の特徴は、「中央管理者が存在する」という点です。

仮想通貨は「ブロックチェーン技術」を駆使することで、中央管理者を不在にし、ネットワーク参加者が資産を分散管理するという点が最も大きな特徴でありますが、リップルはそのような特徴を持ち合わせていません。

つまり、リップルはいわゆる一般的な仮想通貨とは一線を画したものになります。

そういった背景があるため、リップルは、

  1. 取引・処理速度が速い
  2. 手数料が安い

という点で非常に優れています。

リップルの取引時間は、部っとコインが一時間以上なのに対して4秒と非常に短いです。

1秒当たりの処理速度・回数がビットコインだと3~6回ですが、リップルは約1000回となります。

そして、取引の際の手数料がビットコインが平均0.5ドル、リップルだと平均0.0003ドルとなっており、ビットコインに圧勝しています。

更にリップルはアルトコインに換金が可能なので、リップルをビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に換えることができます

このような高い将来性を持つリップルは、現在世界各国の様々な金融機関と提携しており、なんとその中には中央銀行(国家が管理している銀行。日本でいうと日本銀行)も含まれているというのだから驚きです。

あのGoogleや、三菱UFJ銀行、SBIグループなどもリップルを支援しており、まさに現在急成長中の仮想通貨であると言えます。

リップルの今後の見通し

リップルの将来性は銀行間の送金手段という業務用の用途でまず成功を収める必要があります。

この成功によって将来法定通貨に変わる新たな通貨として価値を上げる可能性を秘めているのです。

ビットコインの弱点であった送金スピードの遅さを完全にカバーしているという点で機能面ではビットコインより優れているといっても過言ではありません。

2位 ビットコイン

ビットコイン

2位は仮想通貨の代名詞であるビットコインです。

この仮想通貨からすべての仮想通貨が始まりました。

国内外の仮想通貨取引所のほとんどで取り扱いがあり、仮想通貨界の基軸通貨とも言える仮想通貨です。

ビットコインの特徴

2009年に突如リリースされたビットコインは、今や時価総額10兆円を超える最もメジャーな仮想通貨になっています。

紙幣や硬貨などの実物がないピュアな「データ」であるビットコインの取引は、「ブロックチェーン」という技術によって管理されています。

ブロックチェーンが世界各地に散らばる「ノード」によって取引履歴を記録する台帳が分散管理されていることから、分散型台帳技術と呼ばれるようになったのです。

このシステムを用いることによって、仮想通貨は「中央管理者」を必要とせず、第三者を介入させる必要がないため、非常に安価な手数料で取引ができるのです。

また、ブロックチェーンは第四次産業革命を担う技術として注目されており、単に仮想通貨のためだけの技術にはとどまりません。

一方で、時間の経過とともに書き込まれたデータが改竄される危険性が極めて低く、不特定多数の人間がデータが改竄されていないか検証できる透明性が高いという点において、ビットコインは秀でています。

ビットコインの今後の見通し

ビットコインは将来決済として使われるかどうかという点にかかっています。

世界共通の通貨として利用できるようになれば今後の将来性は高いと言えるのです。

ただ、古いシステムの仮想通貨というデメリットがあり、送金スピードが遅いという点やシステムの維持に大きなエネルギーが必要など課題の多い通貨でもあるため、当面は仮想通貨の世界だけで利用される通貨という存在と言えます。

3位 イーサリアム

イーサリアム

イーサリアムはマートコントラクトと呼ばれる自動売買のシステムを作る土台となることを目的とした仮想通貨です。

端的に言うと仮想通貨そのものを含めたあらゆるアプリなどを想像する存在として開発が進められており、ここから生み出された仮想通貨も数多くあります。

イーサリアムの特徴

イーサリアム最大の特徴は、様々な契約を自動化する「スマートコントラクト」が実行可能な分散型プラットフォームの形を取っている点です。

仮想通貨の時価総額ランキングではビットコインに次ぐ2位になっており、ブロックチェーンのプラットフォームでは不動の地位を築いています。

ちなみに、イーサリアムというのプラットフォームの名前であり、そのトークンはEther(イーサ)です。

イーサリアムの今後の見通し

国内外の有力企業が大学などが開発に参加しており、将来性が非常に高い仮想通貨となっています。

ビットコインの代わりに基軸通貨として利用している仮想通貨取引所も出てきており、実用面を考えると将来性は、かなり高い仮想通貨の一つとして挙げられるのです。

4位 ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは一言で言うとビットコインの後継の仮想通貨です。

厳密には異なるのですが、ビットコインの問題であったスケーラビリティの限界を解決する仮想通貨として誕生しました。

ビットコインが決済手段となった場合処理する量はどんどん増えていきます。

そうなると処理の限界が訪れる時がやってくる(すでにその傾向はあり、処理が非常に遅くなることがある)のですが、この限界をブロック容量の拡大と言う手段で解決した仮想通貨です。

ビットコインは仮想通貨としては送金にかかる手数料が高いという弱点を持っていますが、そういった弱点もこのビットコインキャッシュは克服しており、より実用的なビットコインと言う性格を持った仮想通貨と言えます。

ただし、ビットコインとは全く別の仮想通貨であるということに注意が必要です。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは、ハードフォーク(分岐)により誕生した仮想通貨ではトップクラスの時価総額になります。

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどに次いで時価総額6位に位置しています。

ビットコインキャッシュは決済が非常に早く、日常使いの決済手段として脚光を浴びています

また、開発者同士の対立が原因で、ビットコインキャッシュは更にハードフォーク(分岐)をし、現在では

  • ビットコインキャッシュABC
  • ビットコインキャッシュSV

という2種類のビットコインキャッシュになりました。

なお、元々のビットコインキャッシュの開発者はビットコインキャッシュABC側に就いています。

時価総額6位のビットコインキャッシュはビットコインキャッシュABCの方で、ビットコインキャッシュSVは時価総額11位になります。

ビットコインキャッシュの今後の見通し

より実用的なビットコインの性格を持った仮想通貨として徐々に利用される機会が増え、今後の見通しが明るい通貨の一つです。

仮想通貨取引所でも基軸通貨として利用され始めており、現実社会でもアフリカで送金手段として実証実験のような試みが行われていることから成功すれば決済手段として有力な存在となる可能性があります。

ただ、ビットコインキャッシュから更に枝分かれした新たなビットコイン系の仮想通貨も登場しており、盤石と言うわけではありません。

5位 ネム

ネム

ネムは送金のスピードを高めた仮想通貨です。

その仕組みはブロックと呼ばれるデータの集まりを作るスピードをビットコインなどの通貨の10倍以上にすることによって達成しています。

これにより決済時にスムーズなやり取りが可能となり、店舗側もすぐに入金が確認できるなどメリットも大きいです。

ネムの特徴

NEMとは、New Economy Movementの略称です。

こちらもイーサリアムと同じように、NEMは仮想通貨のことではなくプラットフォームのことを指します。

トークンはXEM(ゼム)です。

ただ、NEMという名称の方が圧倒的に知名度が高いため、仮想通貨自体がNEMと呼ばれるケースもあります。

NEMの特徴として、以下のようなものがあります。

  1. 決済速度が速い
  2. 価値が落ちにくい
  3. 新プロダクトで価格が上昇する

また、NEMは、ビットコインが仮想通貨を発行する際に必ず行う「マイニング」をする必要がなく、その代わりに「ハーベスト」と呼ばれる報酬の獲得方法があります。

ハーベストとは、ブロックを承認するための作業であり、マイニングよりも参入しやすいのが特徴です。

専門的な知識や高度な設備を必要とするマイニングに比べ、ハーベストは自宅のPCで簡単に参加することができるので、報酬獲得の方法としてはハーベストの方が手軽です。

ネムの今後の見通し

ネムもビットコイン同様スケーラビリティ問題を抱えた通貨の一つと言われています。

ただし、ネムの見通しはカタパルトと呼ばれる大型アップデートにより解決を行う動きがあり、全世界で注目されている状況です。

また、ネムは新しい別の仮想通貨を速く低コストで作ることができるという機能があり、この機能が普及することでも将来は開けてくる可能性があります。

仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめ

コインチェック
基本的に今まで紹介した仮想通貨が将来性があり世界的に見ても上位トップ10に入る取引量と価値を持った仮想通貨となります。

ただ、これらの仮想通貨を全て取り扱っている仮想通貨取引所は国内にほぼ1か所だけしかありません。

その仮想通貨取引所はコインチェックです。

コインチェックを利用すれば世界的に有力な仮想通貨同士を自由に取引出来、為替で利益を上げることも可能になります。

そして暗号資産としても安定しているので、資産運用としても比較的安全な運用ができるのです。

他の仮想通貨取引所でも取り扱いはありますが、これらのうちのいくつかの取り扱いがなかったり、ビットコインとイーサリアム程度の取り扱いのみと言う取引所もあります。

そういった意味で多彩な仮想通貨を取引できるコインチェックはオススメです

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

おすすめの仮想通貨まとめ

仮想通貨は日々新しいものが生まれており、まさに玉石混交という状態です。

非常に有望な仮想通貨もあれば、詐欺の温床となっているものもあるという状況で、それらを見分けるのが困難なことも珍しくありません。

そういった無数の仮想通貨のうち、将来性があり、取引量も十分で、実績がある詐欺ではない仮想通貨ということでいくつかの仮想通貨を紹介しました。

これらの仮想通貨は比較的安定していますが、国内で全て購入できるのはコインチェックがほぼ唯一です

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

▼仮想通貨の買い方については以下の記事をご参考ください。

【3ステップ】仮想通貨の買い方・購入方法を初心者にもわかりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です