【2020年最新】ビットコイン(BTC)の買い方・購入方法を初心者にもわかりやすく解説!

仮想通貨の全ての始まりであり、現在も時価総額で世界のトップに君臨しているのがビットコインです。

仮想通貨は知らなくともビットコインと言えば通じる場合も少なくありません。

そんなビットコインですが、仮想通貨の初心者の方が最初に名前を知り、そして購入を検討する通貨でもあります。

ただ、ビットコインを購入する場合、仮想通貨取引所に口座を作るために登録を行う必要があるのですが、それが大きな壁になることも少なくありません。

そんな初心者の方でも口座開設の登録が簡単にできるのがコインチェックです。

そしてこのビットコインの買い方と言うテーマで今回、コインチェックの話題も交えながら以下の流れでお話しをしていきます。

この記事を読むとわかること
・仮想通貨取引所の選び方
・仮想通貨取引所の登録方法
・日本円の入金方法
・ビットコインの購入方法
・国内のオススメ仮想通貨取引所の紹介

以上の流れでお話しをしていきます。

とりあえず取引を始めてみたい方は、CoinCheckで500円からBitcoinの売買を始めることができます!

業界最大手の規模で、サイトの安全性や使いやすさなどを考えてもCoinCheckが安心です。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

ビットコインとは

BTC

ビットコインは、仮想通貨の一種で、最も流通量が多い仮想通貨になります。

通貨というくくりの中に日本円やアメリカドルなどが存在するように、ビットコインは仮想通貨の一種にすぎません。

また、仮想通貨であるビットコインは、電子マネーとは異なる通貨になります。

「通貨価値をデジタルデータとして記録したもの」という点では一緒ですが、国や中央銀行に発行・保証されているかどうかという点で異なります。

それでは、ビットコインの更なる特徴を挙げていきます。

個人間で直接送金が可能

ビットコインでは、たとえ外国に住んでいようと、驚くほどスピーディに送金が完了します。

理論的には10分、実際には40分ほどで送金することが可能です。

しかし、銀行振り込みを使うと送金から着金までの数日のタイムラグがあり、色々な送金業者が介入するため、手数料も高くなってしまいます。

世界中で同じ通貨を利用できる

海外旅行に出かけるときは、渡航先の通貨を用意しておく必要があります。

日本円をいくらか現地で両替することになることが多いでしょうが、両替所によって手数料が違ったり、そもそもの手数料が高かったりして嫌な思いをしたことがある人は多いはずです。

しかし、ビットコインで支払えば、両替の手数料は必要ありません。

現在アメリカやヨーロッパの都市部では、急激にビットコインの取り扱い店舗が増えてきています。

消費者からすると、QRコード決済と同様に決済ができるので、現金をわざわざ取り出す必要がなく便利ですし、店側からしても決済手数料を支払う必要のないビットコインはメリットが大きいです。

手数料が非常に安い

ビットコインでは、送金の手数料が極めて格安です。

考えてみると当たり前ですが、現金を補完する場合は、頑丈な金庫や管理する人員、各地方での支店やそこに設置するATMなどが必要なので、どうしても送金やお金の引き出しにかかる手数料は大きくなります。

一方、ビットコインにかかるのは運用コストのみであり、これは現金を扱うコストに比べると圧倒的に安いため、様々な手数料を非常に低く抑えることができるのです。

このような特徴を持つビットコインを買うにはどうしたらよいか、次項で確認していきましょう。

ビットコインの買い方①:仮想通貨取引所を選ぼう

ビットコインを買うには仮想通貨取引所に登録する必要があります。

この仮想通貨取引所ですが、取引所によって様々な特徴があり、それらを知ったうえで選ぶことが重要です。

主な要因として、以下のものを参考にするのがおすすめの方法になります。

仮想通貨取引所の選び方
・手数料
・安全性
・取り扱い通貨
・レバレッジ取引ができるかどうか
・サーバーの強さ
・アプリなどの使いやすさ

これらはビットコインを買う仮想通貨取引所の選び方として重要です。

手数料から選ぶ

最初に選び方の基準として紹介したいのが、手数料です。

銀行の口座を持っている方は銀行に手数料があるということをご存知ですが、仮想通貨取引所でも様々な手数料が発生します。

主なものとして入出金にも手数料が発生する場合がありますし、仮想通貨をウォレットと呼ばれる自分の手元に移す作業にも送金手数料が発生します。

そういったものが安いもの、無料のものを選ぶというのも判断基準の一つです。

▼手数料の安い仮想通貨取引所は以下の記事をご参考ください。

【徹底比較】手数料の安い仮想通貨取引所ランキング!最安値はどこ?

安全性から選ぶ

何を置いても一番重要なのが安全性です。

仮想通貨取引所は国内外から様々なハッキングの攻撃を常に受けており、そのハッキングによって自分の仮想通貨が何者かに奪われてしまうという仮想通貨流出事件が発生することがあります。

そういったリスクもあるので、十分な対策がされている仮想通貨取引所を選ぶことが大切と言えます。

また、企業の信頼性も重要です。

企業が上場していたり、大手銀行が株主になっているような企業であれば、かなり信頼度は高いと言えるでしょう。

取引所にサイバーアタックや盗難被害など何らかの取引があった場合、利用者の資産がどの程度補償されるかというのは、その企業の資金力によるところが大きいです。

ゆえに、より大きな企業であればしっかりと補償される可能性が高いというわけです。

とはいえ、「自分の資産は自分で守る」というスタンスは常に持ち続ける必要があるでしょう。

100%安全、ということは仮想通貨取引ではありえません。

取り扱い通貨から選ぶ

取り扱い通貨から選ぶことも重要です。

ビットコインは基本的にどこの仮想通貨取引所でも取り扱いがあります。

しかし、実際に自分の手元のウォレットに送金するときは仮想通貨取引所以外にビットコインの運営元にも送料を支払う必要があるのです。

その金額が比較的高いので、他の仮想通貨に交換して送ることでほぼ無料で送れる場合もあります。

そういった状況から送金を行う場合はその受け皿となる通貨が多い場合が便利です。

なぜなら少ない取り扱い通貨だと暴落を起こしていたり価格が上がっていたり送金に問題がある通貨しか選べなくなっているという問題もあります。

また、将来的にビットコイン以外を購入しようと思った時選択肢が多い方がよく、

選択肢が少ない仮想通貨取引所では改めて仮想通貨取引所の契約を行う必要があり、場合によっては海外の仮想通貨取引所を選ぶ必要が出てきます。

単独の仮想通貨取引所でやり取りを行いたい場合は取り扱い通貨の多い仮想通貨取引所を選ぶのがおすすめです。

レバレッジ取引ができるかどうかから選ぶ

レバレッジ取引ができるかどうかも重要な項目になります。

レバレッジ取引とは、証拠金を担保として預け、その証拠金よりも大きな金額の取引ができるようになる仕組みのことです。

主に短期的な売買において効果を発揮するのが、このレバレッジ取引になります。

日本国内の取引所では最大4倍までレバレッジ取引が行われていますが、すべての取引所でレバレッジ取引ができるわけではありません。

仮想通貨で大きく儲けようと考えるのなら、レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

サーバーの強さから選ぶ

取引所を選ぶ際には、サーバーの強さもチェックしておいたほうが良いでしょう。

仮想通貨が急騰もしくは急落した時の注文のスムーズさは非常に大きなチェック項目になります。

仮想通貨に大幅な値動きがあった場合、サーバーダウンが原因で取引ができず、大きな損失を被ってしまったら目も当てられません。

サイトやSNSの口コミなどから、取引所のサーバーダウンした経歴や対応・改善措置などの情報を仕入れておきましょう。

もう一度言いますが、「自分の資産は自分で守る」という意識が非常に大切です。

コインチェックならユーザー数・取引量が多く、サクサク取引することができます。

アプリ・使いやすさから選ぶ

仮想通貨取引所では多くの仮想通貨アプリが開発され、公開されています。

それらのアプリは使いやすいものもあれば、そうでないものもあり、アプリを使わず直接ウェブページからアクセスした方がましなものもあります。

そういったことをしなくとも仮想通貨取引を容易に行えるアプリを選ぶというのは十分意義のあることです。

また、肝心のWebページでの取引も煩雑で分かりにくいものはおすすめできません。

ビットコインを買おうとしてもどうやって買うのか分からなかったり、

サポートを受けようにもどこに連絡して良いのか分からないという仕組みになっていては意味がないからです。

この点からもアプリがあって使いやすいコインチェックはおすすめです。

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

ビットコインの買い方②:仮想通貨取引所に登録しよう

コインチェック

今お話しした、手数料、安全性、取り扱い通貨の種類、そしてアプリや使いやすさを総合すると、冒頭に紹介したようにコインチェックがおすすめです。

手数料も無料のものが多く比較的安い部類に入ります。

安全性に関しては過去にネムと言う仮想通貨が流出したことで大きな問題となったことから不安視する意見もありますが、

一度閉鎖を行い、マネックスグループ(マネックス証券等を運営する金融グループ)の傘下になったことで金融のセキュリティを吸収し、更に取引所のリニューアルを行う等安全性を高めました。

何より流出と言う大きな失敗をした取引所だからこそ学ぶことができたセキュリティや安全性というものもあります。

そういった点から安全性もオススメできるものと言えます。

取り扱い通貨の種類に関しては国内最多クラスの10種類で、非常に多くの取り扱い通貨を誇ります。

数通貨しか扱っていない仮想通貨取引所も多いので、これは大きなアドバンテージと言えるのです。

アプリや使いやすさはコインチェックをオススメする最大の理由です。

アプリダウンロード数は国内の仮想通貨取引所で最も多く、利用しやすさも定評があります。

これはコインチェックを設立した際のコンセプトである使いやすさの追求が今も受け継がれているというところにあり、とにかく利用しやすい仮想通貨取引所と言えるのです。

そんなコインチェックの登録方法について紹介します。

基本的な流れは以下の通りです。

コインチェックの登録の流れ
・個人情報の入力
・本人確認の提出
・二段階認証

これらについて紹介します。

基本的にパソコンでできるものが多いですが、スマートフォンを用意しておくと、より簡単に行えるのでオススメです。

個人情報の入力

コインチェックの個人情報の入力を行うのですが、その前に公式サイトのトップページからメールアドレスとパスワードを入力して、アカウントを取得します。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

Facebookアカウントを持っていれば、すぐに簡単に登録が可能なのですぐにできる手続きです。

これが終わったら個人情報の入力を行う前にSMS認証を行います。

これは携帯電話番号宛にメッセージとして送られてきた6桁の「認証コード」を、Coincheckのサイト上で入力すれば完了します。

これらの作業が終わたら氏名や住所などの個人情報を入力していきます。

内容は、住所や氏名などの情報(氏名やフリガナ、性別、生年月日、居住国、住所、利用目的など)を入力します【画像参照】。

これは多くの仮想通貨取引所で行われていますし、様々な登録を行う際にも入力する機会も多いですから、問題なく行えます。

本人確認書類の提出

次が本人確認書類の提出になります。

本人確認書類は顔写真の入ったものが必要で以下のものを用意しましょう。

本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・在留カード
・住民基本台帳カード
・個人番号(マイナンバー)カード

注意点として、これらのうち「個人番号(マイナンバー)カード」については、裏面の画像はアップロードしないようにしてください(他のものは裏面の提出も必要です。)。

また、マイナンバー(個人番号)通知カードは本人確認書類として利用できません。

これらの画像を用意するのと、本人確認書類と自分の顔写真が一緒に写ったIDセルフィー【画像参照】をスマートフォンで撮影し、アップロードします。

本人確認書類などの提出が終わると、審査が行われ、審査が通ればコインチェックから自宅にハガキが届きますので、それを受け取って口座開設手続きは完了です。

二段階認証の設定

安全確保のために二段階認証も設定します。
万が一流出事件が起こった際に二段階認証をしていないと補償の対象にならないという点や自分の安全の保障という点です。

まず二段階認証とは、通常のIDとパスワードの確認の他にさらにセキュリティコードによる認証を行って初めてログインできる仕組みのことを言います。

例えば、異なったIDやパスワードを2回入れたり、指紋認証やパスワードの生成機を使って入力すると言った手段などです。

こういったことをコインチェックで行っておくことによって安全にログインすることができるようになります。

コインチェックでは認証アプリ「Google Authenticator」を採用しており、設定方法は流れとして以下の通りになります。

二段階認証の設定の流れ
・サイトで二段階認証の選択
・認証アプリをダウンロード
・アプリを使ってパスコードを作成
・パスコードを入力

最初にサイトへアクセスし取引画面の「設定」、「二段階認証」を選んでいきます。

次に認証アプリをダウンロードするのですが、スマートフォンが必要なので注意してください。

該当するスマートフォン用のアプリを選択し、ダウンロードを行います。

「Google Authenticator」をダウンロードしたら、アプリを使用する前に設定した認証アプリが万が一使えなくなった場合に使用するシークレットキーが表示されるのでメモします。

>※スクリーンショットをして保存する手もありますが、<span class=”keiko-green”セキュリティを厳重にするという意味で紙にメモするのが安全です。

今度はダウンロードした「Google Authenticator」を起動します。

「バーコードをスキャン」を選択し、カメラでQRコードを読み込ませましょう。

読み込ませると6桁の数字のパスコードが表示されます。

この数字をサイトの下段にある空欄に入力し、設定を行えば完了です。

「設定済みです」の表示がされるようになり二段階認証はできます。

写真を撮って、個人情報を入力するだけでわずか5分で講座開設が行えます!今すぐ取引を始めてみませんか?

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

ビットコインの買い方③:日本円を入金しよう

口座開設と二段階認証が終わったら日本円を仮想通貨取引所の口座に入金します。

ここではコインチェックでの方法を紹介します。

コインチェックでは銀行振込、コンビニ入金、クイック入金に対応しています。

銀行振込は入金手数料が0円(銀行への振込み手数料は発生します)で、コンビニATMなどからも振込みが可能です。

操作はログイン後、日本円入力を選び銀行口座を選択し、表示された先の口座にネットバンキングなどで振り込みを行います。【画像参照】

必ずコインチェックの名義人と同じ名義の銀行口座から振り込みを行いましょう。

コンビニ入金は銀行振込と同じ操作でコンビニ入金のタブを選び、金額を入力して「お支払い情報を発行」をクリックすると番号やバーコードが出るので、各コンビニで支払いを行い、支払えば口座に反映されます。【画像参照】

注意点としてはファミリーマートだけ方法が異なり、バーコードを表示させてプリントアウトするか、スマートフォンで表示させる方法、あるいはプリントスクリーンで画像を保存し、それをスマートフォンに送ってファミポートに読ませると言った方法を行います。

ローソン、ミニストップ、セイコーマートは番号だけなので簡単です。

最後がクイック入金です。

パソコン・携帯電話・ATMから入金ができるサービスです。

金融機関の営業時間に左右されずに、24時間365日決済が可能です。

SMS認証がされていることや利用している銀行が対応しているか確認、ログイン、「日本円の入金」をクリックします。【画像参照】

クイック入金をクリック、必要事項の入力後決済申請、決済番号の取得、決済を完了という流れです。

これら3つの方法になりますが、これらは仮想通貨取引所によって方法が異なります。

ビットコインの買い方④:実際にビットコインを購入しよう

最初に通常の販売所の購入方法、次にビットコインの取引所の購入方法について成行注文と指値注文に分けて紹介します。

ここでもコインチェックを例に紹介します。

最初にビットコインの販売所の購入方法です。

これは、コインチェックなどの仮想通貨取引所から直接購入する方法で、一番簡単な方法になります。

左メニューでコイン購入を選びビットコインを選んで必要分を購入します。【画像参照】

これで購入完了です。

次に取引所の購入方法です。

取引所とは利用者同士で行うコインの売買のことで、バザーやフリーマーケット、あるいはフリマアプリのようなイメージで考えていただけると分かりやすいです。

この購入方法は先ほどお話しした通り成行注文と指値注文があります。

成行注文

【上は成行注文の画像】
成行注文とは、売買の値段を指定せずに、そのときの市場価格で注文する方法です。

左のメニューから「トレードビュー」を選んで注文から成行注文、そして注文量を指定すれば、その量をすぐに購入することができます。

指値注文

指値注文は買う値段か売る値段のどちらかを指定して注文する方法です。

買う場合は、指値(指定した金額)以下になったタイミングで買います。

つまり予約のような機能で、これは成行注文の時と同じ操作でレートに数値を入力して注文を入れられます。
【画像参照】

ビットコインが買えるおすすめ取引所

ここまででビットコインの基本的な買い方の説明を行いましたが、今度はおすすめの取引所を紹介していきます。

1位 Coincheck(コインチェック)

コインチェック

コインチェックはこれまでお話ししてきた仮想通貨取引所です。

操作のしやすさから、今回モデルとして紹介しました。

取引が初めてでビットコインを買いたい場合は、この取引所がおすすめです。

初心者に最も支持されているコインチェックは低リスクで使いやすく、何かと安心です。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

 

2位 Decurret(ディーカレット)

ディーカレット

Decurret(ディーカレット)は日本の大企業(三菱UFJ銀行など)が出資する仮想通貨取引所です。

分かりやすいサポートも定評があり、シンプルという点でオススメできます。

手数料が安いのもオススメできるポイントで、慣れてきたらレバレッジ取引も出来るという意味でも2位に入れました。

大手企業が出資しているのは非常に安心感がありますし、安い手数料は最初の規模の小さい取引では非常に嬉しいポイントですね。こちらもビットコイン売買初心者の方に非常にオススメです!

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

3位 GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは日本の大手インターネット企業であるGMOが運営する仮想通貨取引所で安全性に定評のある仮想通貨取引所です。

利用しやすさがコインチェックに匹敵することから3位としました。

FX取引高世界No.1のGMOグループなら安心ですね。またスマホのアプリからはワンタップで仮想通貨の売買が可能です!スマホでの取引を考えている方は、GMOコインに登録してみましょう!

\アルトコイン買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

▼他のおすすめ仮想通貨取引所は以下の記事をご参考ください。

【2020年版】仮想通貨取引所の7社比較おすすめランキング!どこに登録するべき?

ビットコインの買い方に関するQ&A

ビットコインの買い方を紹介してきましたが、ここでは疑問として多く出ているものを紹介していきます。

ビットコインを買うおすすめのタイミングは?

多い質問ですが、端的に答えると「今」です。

仮想通貨の世界は現実社会よりも様々な要因が絡み、価格が変化します。

そのため予想もつかないような結果になることも少なくありません。

ただ、ビットコインは2019年11月現在価格が安定しているので、購入しやすいタイミングと言えます。

それでもいつ、どこでどうなるか分からないのが仮想通貨の世界です。

思い立ったが吉日ではありませんが、今購入するのがベストと考え行動した方が良い場合も少なくありません。

ビットコインは未成年でも購入できるの?

未成年でも購入できます

ただ、仮想通貨取引所によっては口座が開けないところもあるので、未成年でも口座を開ける所を探すのがおすすめです。

ただ、ほとんどの仮想通貨取引所には年齢制限なく、親の同意書さえあれば未成年でも仮想通貨取引所に口座開設することができるためすぐに見つかります。

仮想通貨の中でビットコインがおすすめな理由は?

オススメの理由としては分かりやすいという点です。

仮想通貨は全世界で2,000種を超えると言われており、今この瞬間も新たな通貨が生まれている可能性があります。

そんな中でもビットコインは比較的価格が安定しており、仮想通貨にありがちな価値がゼロになるような現象がほぼ無い通貨という点で初心者におすすめできるのです。

ビットコインの買い方まとめ

ビットコインはとても簡単に購入でき、数ある仮想通貨の中でも安全な通貨です。

そのためほぼすべての仮想通貨取引所で取り扱いがあります。

そういった意味で初心者はまず国内の分かりやすい仮想通貨取引所(コインチェック)などに口座登録を行い購入するのがおすすめです。

アプリDL数日本No.1&専門家の選ぶ取引所ランキングNo.1コインチェックなら安心してビットコイン取引を始めることが出来ます。わずか5分で無料の講座開設が可能なので、今すぐ登録してみましょう!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です