【2020年最新】仮想通貨はぶっちゃけ儲かるの?稼げる通貨と仕組みを解説

仮想通貨と言えば、芸能人が仮想通貨で大儲けしたとか、ブログで大儲けした人がいたとか、あるいは知っている方が何万円も儲けたという話を聞いた方は多いのではないでしょうか。

こういった話が多い中、仮想通貨は儲かるのかと言う話題で今回は以下の流れをお話ししていきます。

今回の流れ
・仮想通貨は儲かる?
・仮想通貨は今後も儲かる?
・どの仮想通貨が儲かるの?

以上のような話題を中心にお話ししていきます。

仮想通貨を取引するなら取引画面が使いやすいコインチェックがおすすめ。

まだ登録していない方は今のうちに登録しましょう!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

仮想通貨は儲かるの?

結論を言うと仮想通貨は儲かります。

ただ、あくまでも他の投資案件に比べてという話です。

なので必ずしも全員があるいは大部分の人が儲かるというわけではありません。

ではなぜ儲かるのかと言うと、利益が出る時は出るということと、儲かっている人の割合がやや高いという2点が上げられるからです。

確かに投資信託を長期的に利用すれば年間数%は儲かります。

しかし、仮想通貨はそういった少ない金額ではないという点に注目していただきたいです。

ここでは、仮想通貨はどのくらい利益が出るのか、また儲かっている人の割合はどの程度なのかと言った点を中心にまとめました。

最初に触れた通り、仮想通貨は利益が出る時は出て、しかも儲かっている人の割合が高めと言うことを知っていただけるのではないでしょうか。

どのくらいの利益が出る?

仮想通貨で出る利益は、数倍になることもあります

これは株式や同じ通貨である法定通貨(日本円や米ドル、ユーロなど)、不動産などに比べるとかなり大きな利益です。

それだけ魅力的な仮想通貨ですが、運が良ければ数倍どころか数万倍になることすらあります。

例えば、よく引き合いに出されるのがビットコインで、初期のころに購入した方は、1ビットコイン約0.3米ドル(30円程度)でした。
しかし、最盛期には1ビットコインが220万円にまで急騰したこともあり、実に6万倍以上の高騰になるのです。

その頃小遣いで数百ビットコインを購入した学生は、数億円もの資産を持つ億万長者になったことでも知られています。

現在はそういった夢のある儲け方は難しいですが、少なくとも既存の株式や債券などの資産に比べると、かなり儲けるポテンシャルを秘めた資産であることは間違いありません。

ただ、日本の場合、儲かれば税金がかかります。

利益の金額によっては半分以上を税金で持っていかれるという点に注意してください。

そのため、ある程度儲けられるようになったら、税金のための備えも必要になるのです。

儲かっている人の割合は?

儲かっている人の割合は、なかなか把握できないところがありますが、ある資料では利益を出している人は58%とやや儲かっている人の方が多い傾向にあります。

これがFXのようなものになると、これよりも低くなるという傾向もありますから、損をする人が42%いるという結果であっても、仮想通貨は投資先として比較的儲けやすいものであるということは確かです。

ちなみに損をするのはどういう時かと言うと、アルトコインなど信頼性の低い新興の仮想通貨に手を出して大損をしたケースやFXに考え無しに大量の資金を投入してしまったケースなどが考えられますす。

新興のアルトコイン(新しく公開された仮想通貨)に手を出すということについてまずお話しすると、価値が非常に不安定という点に尽きます。

既存のビットコインやイーサリアムなど価値が比較的安定した仮想通貨であればそういったことは少ないのですが、新興のアルトコインは初期のビットコインのような勢いを持ったものもあり、数か月で価値が100倍以上になるものもまれに存在します。

しかし、多くの仮想通貨は逆の方向に進むものが多く、酷いものでは上場した直後に価値を失いゴミデータになってしまうものもあります。

更にICO詐欺と言ってわざとそういう状況を作り出すケースもあるため、そういったものに騙されるということも少なくありません。

また、上場もしないのお金だけ集めて消えてしまうという文字通りの詐欺も日本では横行しているため、国内の仮想通貨取引所で扱っていない仮想通貨を購入しようと思っても初心者は決して手を出さないというのが基本です。

仮想通貨FXもレバレッジを上げ過ぎたり、海外の仮想通貨取引所の100倍のレバレッジがかけられるような場所で利用するのも危険なことが多いです。

法定通貨のFXでさえ価値が不安定なものもあるのに、仮想通貨は更に不安定で、少し仮想通貨の相場が動くだけでレバレッジがかかっている分証拠金が全て消えてしまうような損失を被る場合もあります。

つまり、きちんと仮想通貨と付き合えば儲かる可能性も出てきますが、ハイリスクハイリターンを狙うとハイリスクなことが多いという点に注意が必要と言えるのです。

これらのことから、従来の資産よりは儲かるものの、ハイリターンを狙うと損をすることが多いということです。

これは特に仮想通貨になれていない初心者に多いため、始めたばかりの方は、まず仮想通貨の仕組みを知る上でも無難な通貨、現物取引(レバレッジをかけない取引)を行うのがおすすめと言えます。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

仮想通貨は今後も儲かる?

仮想通貨は今後も儲かりますが、徐々に法定通貨のように価値が安定していき、レバレッジをかけないと利益が出にくいという状況になってきます

更に長い目で見ると量子コンピューターと言う非常に計算能力が高いコンピューターによって仮想通貨のセキュリティが確保できなくなり、価値が著しく下がる可能性もあるため、結論を言うと今後も儲かる可能性があるものの将来的には儲けが少なくなるということが言えるのではないでしょうか。

ただ、現状として仮想通貨は無難な運用を行ってさえいれば半数以上のケースで儲けることができ、従来の資産よりは利益も出やすいという資産です。

どの仮想通貨が儲かるの?

儲かる仮想通貨は、基本的に見極めにくいです。

しかし、逆説的に考えて損をしにくい仮想通貨が最終的には儲かる場合が少なくありません。

そう考えると、国内の仮想通貨取引所で扱われている流通量の多い通貨が儲かると考えても支障はないです。

つまり、ビットコインやイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどが挙げられます。

ただ、儲かるといっても1年で資産が倍になるということはなく、多くの場合10%程度増えれば十分と言うレベルです。

少ないと考える方も多いですが、株式などは4%の年間利益が出せたらアマチュアの投資家としてはかなりレベルが高いという世界ですから、かなり儲かるのが仮想通貨と言えます。

▼今おすすめの通貨は以下の記事で紹介しています。【2020年版】おすすめの仮想通貨ランキングTOP5!将来性のある通貨はどれ?

仮想通貨で儲けるためのコツ

仮想通貨でチマチマ儲けるよりも大きく利益を出したいと考える方は少なくありません。

また、仮想通貨の将来的な価値上昇を信じ、長い目で見て投資をしたいという方もいるはずです。

リスクとリターンは表裏一体の関係であり、片方が高くなれば、もう片方も高くなってしまいます。

故に、ハイリスクローリターンや、ローリスクハイリターンはありえないと考えてください。

以下では、様々な投資方法を考察し、それぞれの方法においてリスクとリターンはどういう関係であるのかということを説明していきます。

マイナーなコインを買ってガチホ

最初に紹介するのがマイナーなコインを買ってのガチホです。

そもそもガチホと言うのはネットの和製スラングで、仮想通貨を売ったりせずにしっかり保管するということです。

語源は「ガチ」ッと「ホ」ールドあるいは「ガチ」で「ホ」ールドと言ったものです。

価値が下がろうがその通貨でトラブルが発生しようが一度買ったら、望んだ価値が出るまで売らないと言うスタイルになります。

マイナーなコインは価値が非常に不安定で、わずかなニュースによって一気に数十倍もの上昇を示すことすらあるのです。

そのため一発逆転を狙って、これはと言うマイナーなコインを買っておき、万が一現れる価値の上昇に期待する方法になります。

これは競馬で言う所の万馬券に近い感覚がありますが、初期のうちに購入しておけば比較的安い価格で購入できるので、損失はそこまで多くないという状態で万馬券のようなマイナーなコインを手に入れることができるのです。

ただこういったコインは一部を除き、海外の仮想通貨取引所でしか売っていない場合がほとんどなので、ある程度慣れてきたら行うというのがおすすめの利用法と言えます。

この方法はかなり情報収集を必要とし、かなり「運」が必要になってきます。

なぜなら既に多くの仮想通貨は世に出回っているので、その他多くの仮想通貨を上回ってそのマイナーコインの価値が上昇していくということは極めて難しいからです。

なので初心者の方はビットコインやリップルなど、ある程度メジャーなコインの取引を行い、ある程度慣れてきたらこちらの「マイナーなコインをガチホ」をするのが良いでしょう。

そもそも、国内の取引所・販売所では基本メジャーなコインしか売られていないという背景もあります。

レバレッジ取引をする

レバレッジ取引をするのも仮想通貨で儲けるコツです。

レバレッジ取引は度々お話しした通り、手元のお金を証拠金として、その金額よりも大きな金額で取引ができるものになります。

例えば4倍のレバレッジをかければ利益も4倍になるので、一気に儲けることも夢ではありません。

さらに法定通貨よりも値動きが大きいのでうまく対応すれば大金の差益を得ることが可能です。

ただ、言い換えれば損失も4倍になるので注意が必要と言えます。

それでも少額から利用できるので、余剰資金を使って大きく儲けたい場合は最適の方法として挙げることができるというのが特徴です。

積み立て投資をする

積み立て投資とは、あらかじめ設定した金額で仮想通貨を自動積立する投資方法です。

国内の取引所はドルコスト平均法を採用しており、ローリスクローリターンが特徴です。

初心者の方にもおすすめな投資方法で、今後長期的に仮想通貨の価値が上昇すれば、着実に資産を増やすことが可能です。

また、仮想通貨の相場を四六時中チェックする必要がないため、精神衛生的にも時間の節約という意味でも優れています。

仮想通貨の値動きを気にすることなく、淡々と投資をするのがこの方法なので、面白みには欠けるかもしれませんが、仮想通貨が長期的に成長するということを信じているのであれば最も手堅い投資方法だと言えるでしょう。

レンディングをする

レンディングとは、所有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、その金利をレンタル料として得る投資方法です。

長期保有する予定がある仮想通貨を活用することができ、「売買しなくても利益を作ることができる」という点が最も大きなメリットになります。

こちらも積立投資と同じく、仮想通貨の相場を気にする必要が全くないというのも大きなメリットになります。

ただし、貸し出しをしていた仮想通貨取引所が倒産してしまったり、サイバーアタックを受けたりした場合など、貸し出していた仮想通貨がなくなってしまう可能性もあります。

また、貸し出しているときは自由に売買できないといったこともありますので、それらの点については注意が必要です。

PoS通貨を保有する

仮想通貨の承認システムであるPoSを採用しているコインを保有しているだけで、保有量に対応した利益を受け取ることができるというものもあります。

PoSとは、仮想通貨の保有量に比例した新発行の仮想通貨を受け取れる仕組みのことであり、確実に収益を受け取ることができます。

ただし、ある程度の量のコインを長期間保有しておかなければ中々利益を見込めないので、この点については注意が必要です。

また、PoSを採用している仮想通貨は「DASH」や「NEO」などで、残念ながら国内の取引所では扱っていないというのが現状です。

ただ、海外の取引所では取り扱いがありますし、今後他のコインや国内の取引所でも採用される可能性は大いにあるので、逐一状況を確認しておきましょう。

アービトラージ取引を行う

最後に、仮想通貨の儲け方の中でもかなり上級テクニックである、「アービトラージ取引」について説明します。

仮想通貨のアービトラージ取引とは、取引所の間で生じる「価格差」を利用して儲けを出す取引を指します。

例えば、A取引所でビットコイン買い価格が1コイン100円で、B取引所のビットコイン売り価格が1コイン110円だった場合、A取引所で1コインを買ってB取引所ですぐ売れば、10円の儲けが出ます。

仮想通貨の取引所は、その取引所内の需要と供給のバランスで価格が決定するため、各取引所での仮想通貨の価格はそれぞれ異なるので、こういった取引で儲けを出すことが可能になるのです。

アービトラージ取引は他の投資方法と違い、かなり低いリスクで一定のリターンを生み出すことができるのが特徴です。

しかし、以下2点の理由から、そんなに簡単に儲けることができません。

  • 価格差がとても小さいので、多額の資金が必要
  • 送金中のタイムラグで価格変動するリスクがある

取引所間で価格差が生じると言っても、それはほんのごくわずかにすぎません。

送金・受金手数料なども加味すると、数万円の儲けを出すためには数百万の資金が必要になります。

また、仮想通貨の価値は刻一刻と変化するため、非常にスムーズに送金を行わないと、送金中のタイムラグで価格変動し、損をする可能性もあります。

そういったことも考慮して、こちらの投資方法は「上級編」として紹介させていただきます。

仮想通貨を買うならコインチェックがおすすめ

コインチェック

仮想通貨で儲けたいけど、海外の仮想通貨取引所で知らない仮想通貨を買うのは怖いという方には国内のコインチェックがおすすめです。

その理由として、利用しやすい仮想通貨取引所と言う点やレバレッジ取引ができる点、マイナーなコインも国内ではほぼ唯一取り扱っているという点が挙げられます。

仮想通貨取引所としては、かなり扱いやすい仮想通貨取引所で利用もしやすいです。

レバレッジも国内の仮想通貨取引所は多くの場合4倍程度なのですが、コインチェックは最大5倍まで利用できます。

つまり、儲かる時は、より儲かる可能性を秘めているのです。

また、仮想通貨取引所としては国内で取り扱っている所が少ない比較的マイナー(全体としてはメジャーな通貨ですが)であるネム(XEM)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)と言ったコインも扱っています。

そのため、それらを購入して保管(先ほどの言葉を借りればガチホ)すれば、大きな儲けが期待できるのです。

そういった意味で、仮想通貨で儲けたいと考えている方にとってはコインチェックが国内の仮想通貨取引所としておすすめの取引所と言えます。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

▼コインチェックの詳細は以下の記事で紹介しています。

【コインチェック(Coincheck)の評判・口コミ】メリット6つ・デメリット3つを解説

仮想通貨を買って儲けるまでの手順

それでは、コインチェックを実際に登録してみましょう。

コインチェック登録

公式サイトにアクセスします。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

アクセスしたらメールアドレスとパスワードを入力してアカウント登録しましょう。

登録したメールアドレスにメールが届くので、記載されているリンクをクリックしてログインします。

▼コインチェックの登録方法はこちら

Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法の手順をわかりやすく解説!

SMS認証(電話番号認証)を行う

口座開設のために、まずはSMS認証(電話番号認証)を行います。

SMSとはショートメッセージサービスのことで、電話番号を宛先に指定してSMSを受信します。

本人確認書類を提出してはがきを受け取る

SMS認証が終了したら、お客様情報の入力と本人確認書類の提出を行います。

使用できる本人確認書類は以下のいずれかとなり、アップロードする日の作成日・発行日から6ヶ月以内、あるいは有効期限内の書類に限り有効になります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

(※コインチェックの公式サイトより。)

次に、「IDセルフィー」(提出書類と本人が一緒に写っている写真)を用意します。

例えば、運転免許証をアップロードする場合は、以下の図のように写真を撮ります。

アップロード

書類の提出が終わると、コインチェック側で書類の審査に入ります。

審査は1~2営業日で終了し、審査が終わると「本人確認完了」のメールと、住所確認用のはがきが登録した住所に届けられます。

このはがきを受け取ったところで、コインチェックの機能をすべて利用できるようになります。

二段階認証を設定する

最初に二段階認証とは、通常のログイン(IDとパスワード入力)以外にもう一つ認証を設けることで、セキュリティを強くする方法です。

仮想通貨取引所はこういったことを行わなくとも基本的には利用可能ですが、資産を守る上で最低限のセキュリティと言われており、利用を開始する前に設定しておくことを強くおすすめします。

コインチェックやビットフライヤーでは、二段階認証を設定しているユーザーに対してのみハッキングなどの被害の補償を行なっていますから必須の設定です。

設定はスマートフォンとパソコンが必要になります。

このスマートフォンとパソコンを用意してから手順を踏んでいく流れです。

二段階認証

最初にスマートフォンで専用のアプリをダウンロードするのですが、いくつか種類があり、GoogleAuthenticatorやⅡ、SmartKey、Authyと言ったものが挙げられます。

GoogleAuthenticatorが使いやすいのでおススメです。

あとはパソコンで各取引所で設定を行います。

基本的にセキュリティ関係の項目を選択し、2段階認証の設定項目があるので、アプリを選択したらQRコードが表示され、それをアプリで読み込むと数字がスマートフォン画面の表示されます。

その数字を取引所の入力欄に入力すれば完了です。

こういった操作は送金など直接仮想通貨を動かす際に利用するので、取引を行う場合はスマートフォンを使うことをお勧めします。

仮想通貨取引所によってはこれ以外の二段階認証もありますが、国内の取引所は基本的に今お話しした流れで行うという形です。

具体例としてコインチェックの場合を紹介します。

まず、サイトにアクセスし取引画面の「設定」、「二段階認証」を選んでいきます。

次に認証アプリをダウンロードするのですが、スマートフォンが必要なので注意してください。

ちなみにスマートフォンであればiPhone、Android両方に対応しています。

該当するスマートフォン用のアプリを選択し、ダウンロードを行いましょう。

ダウンロードしたら、アプリを使用する前に設定した認証アプリが万が一使えなくなった場合に使用するシークレットキーが表示されるのでメモします。

スクリーンショットをして保存する手もありますが、セキュリティを厳重にするという意味で紙にメモするのが安全です。

今度は今ダウンロードした認証アプリを起動します。

「バーコードをスキャン」を選択し、カメラでQRコードを読み込ませましょう。

読み込ませると6桁の数字のパスコードが表示されます。

この数字をサイトの下段にある空欄に入力し、設定を行えば完了です。

「設定済みです」の表示がされるようになります。

仮想通貨は儲かるのかまとめ

仮想通貨は儲かります。

しかし、その付き合い方を間違えると財産を失うリスクを持っています。

それでも儲ける人の確率の高さや儲かるコツであるレバレッジ取引、マイナーなコインのガチホなどを考えると、多くの既存の資産より儲けやすい資産が仮想通貨と言えるのではないでしょうか。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

▼仮想通貨の買い方については以下の記事で紹介しています。【3ステップ】仮想通貨の買い方・購入方法を初心者にもわかりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です