【疑問解消】仮想通貨は未成年でも買えるの?10代でも口座開設できる取引所を紹介!

取引所のテレビCMなどもあり、一般でも知名度が高まっている仮想通貨。

未成年や学生でも仮想通貨投資に興味を持っている人が増えています。

しかし、未成年や学生でも取引所の口座が作れるのか、審査に通るのか気になりますよね。

結論からお伝えすると、未成年でも仮想通貨の取引をすることは可能です。

しかしすべての取引所が未成年の利用を許可しているわけではありません。

この記事では未成年が登録できる仮想通貨取引所はどこなのか、登録の手続方法はどのようになるのか詳しく解説していきます。

 

この記事を読むとわかること
  • 未成年でも登録できる仮想通貨取引所はどこなのか
  • 未成年が登録するときの手続きの流れ
  • 未成年が仮想通貨投資をするとどんなメリットがあるのか
  • 未成年が仮想通貨を買うときの注意点

未成年の方が仮想通貨取引をするならコインチェックで始めるのがおすすめ。

登録は完全無料なので、まずは実戦ということで始めてみてください!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

未成年でも仮想通貨取引はできるの?

まず結論からお伝えすると、未成年でも仮想通貨取引をすることは可能です。

仮想通貨を買うには、まず取引所に口座を作ってから、そこに自分の資産を預け入れして、その資金でコインを買うというのが基本の流れ。

つまり、仮想通貨取引所に口座を作ることさえできれば、誰でも仮想通貨取引ができるのです。

仮想通貨取引所では業者ごとに申し込み可能な年齢条件がありますので、未成年が登録できる業者とそうでない業者があります。

どちらかと言うと20歳以上が条件となる業者の方が多いのですが、中には未成年でも親の同意書があれば登録できるという取引所があります。

こういった未成年OKの取引所を見つけて登録すれば、未成年や学生でも仮想通貨取引をすることができます。

具体的には以下のようなステップを踏むことになります。

未成年が仮想通貨取引を始めるまでの流れ

  • 親に相談し仮想通貨取引を始める許可を得る
  • 未成年でも登録できる取引所の中から利用したい業者を選ぶ
  • 取引所の公式サイトから申し込みをする
  • 本人確認書類とともに親権者同意書を提出する
  • 口座開設が完了したら取引所に入金して取引を始める

このような流れですが、特にややこしいことはありませんよね。

のちほど詳しく紹介しますが、未成年OKの取引所に登録するときは、本人確認書類に加えて親の同意書を提出する必要があります。

つまり、未成年が仮想通貨取引をするには親の協力が必要になります。

まずは親にしっかりと説明をして許可をもらうのが第一歩です。

未成年でも取引できる仮想通貨取引所

親の同意書を提出することで未成年でも口座開設できる仮想通貨取引所としては以下のようが業者があります。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • ビットバンク

それぞれどんな取引所なのか特徴を紹介していきます。

コインチェック

コインチェック
コインチェックは国内で知名度ナンバーワンの仮想通貨取引所。

取引所のシステムが初心者に優しく、はじめての人でも安心して利用できる取引所です。

さらに、取り扱い仮想通貨が12種類もあり、国内最多なのもメリット。

ビットコインだけでなくいろいろな通貨を購入できますので、これから仮想通貨投資を始める人には最もおすすめできる取引所です。

大手企業のマネックスグループなので安心して利用することができ、親の理解も得られやすいのもよいところです。

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内で最初に営業を開始した仮想通貨取引所。

リクルートやGMOグループから出資を受けており、運営会社が安定していますので安心して登録できます。

ビットフライヤーでは仮想通貨の現物取引だけでなく、レバレッジをかけた仮想通貨FXができます。

未成年だけど本格的なトレーディングを体験してみたいという人におすすめです。

ビットバンク

ビットバンク
ビットバンクはユーザー同士で取引板を使って仮想通貨の売買ができるのが特徴。

6種類の仮想通貨を取り扱っており、すべて指値で取引できます。

取引所形式は取引手数料が安いため、取引コストをおさえたい人におすすめです。

一方で、取引の知識が必要になりますので、ある程度勉強しながら取引方法を覚える必要があることには注意が必要です。

\取引手数料が安い!/

bitbankに無料で登録する!

海外取引所を利用する

そのほかに海外取引所に登録するという方法も考えられます。

海外取引所はその運営会社が本拠地を置いている国のルールに従って運営されていますので、国内取引所のような本人確認なしで取引できる業者もあるからです。

その場合はメールアドレスとパスワードでアカウント作成ができますので、未成年でも親の承諾なしで口座を作成できる可能性があります。

ただし海外取引所は日本円を直接入金することができませんので、知人や家族から仮想通貨を売ってもらうか譲ってもらうかして、その仮想通貨を送金してから取引を始める必要があります。

また、日本語サポートがないことがほとんどなので、初心者にはおすすめできません。

やはり安全性について考えると、親に同意書を書いてもらってコインチェックのような国内取引所に登録するのがおすすめです。

未成年が仮想通貨を始める手順

登録したい取引所が決まったら、公式サイトから口座開設の申し込みを行いましょう。

まずメールアドレスとパスワードでアカウントを作り、続けて氏名や住所などの情報を入力していきます。

最後に本人確認書類を提出して申し込み完了ですが、未成年はこのときに親からの同意書も一緒に提出します。

親から同意書をもらう

日本国内には未成年が利用できる取引所がいくつかありますが、いずれも口座を作るためには親権者の同意を得る必要があります。

まず親に仮想通貨を始めたいことを相談し、自分の名義で取引所に口座を作ってもよいかどうか、許可をもらうようにしましょう。

親が同意してくれるなら、同意書を作成して取引所に提出することができます。

登録する取引所によってどのような同意書を準備していつ提出するのかが違いますので、登録したい取引所が決まったら公式サイトで手続方法を確認しましょう。

本人確認書類のときに提出する

ほとんどの場合は口座開設の流れで本人確認書類を提出するときに同意書も一緒に提出することになります。

免許証などの本人確認書類は口座開設のための情報入力をした後にスマホなどで書類を撮影してネットでアップロードして提出します。

そのときに親権者同意書もあわせて提出しましょう。

追加の書類が必要になることも

登録する取引所によっては追加の書類が必要になる場合もあります。

たとえばビットバンクでは親権者が手書きで書いた直筆の同意書と、親権者との関係を証明する書類を提出します。

親権者との関係を証明する書類とは、たとえば世帯の情報が入った住民票であったり、親が加入していて自分も被保険者になっている健康保険証などです。

同意書や証明書を提出できたら取引所で口座開設の審査が行われます。

無事審査に通過できれば自宅に住所確認用のハガキが届きますので、ハガキに案内に従ってアカウント認証をすれば取引を始めることができます。

とりあえず登録をしてみたい方はこちらから!(完全無料)

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

未成年が仮想通貨投資をするメリット

未成年が仮想通貨投資をするメリットとして、投資で利益が得られる可能性があるだけでなく、仮想通貨投資を始めることでいろいろなことを勉強できるということがあります。

仮想通貨や投資全般について勉強することで、世の中についてよく知ることができるようになるでしょう。

ブロックチェーンは全世界が注目する新しい技術なので、自然と世界各国の動きにアンテナをはるようになり、幅広い知識が身につきます。

また、仮想通貨取引で一定以上の利益が出たら納税するようになりますので、税の知識もつきます。

こういった経験は社会人になってから役に立ちますし、学生なら就活でアピールできるネタにもなるでしょう。

仮想通貨投資をしたすべての人が利益を得られるわけではなく、損をしてしまうリスクもありますが、その分勉強して知識を得ようとするモチベーションも非常に高くなります。

投資で多少マイナスが出たとしても、知識や経験としては多くのものを得ることができるでしょう。

未成年が仮想通貨投資をするときの注意点

未成年が仮想通貨投資をするときに注意したいのは税金です。

仮想通貨の利益は雑所得という扱いになり、利益が年間38万円を超えると親の扶養から外れてしまいます。

もちろん1万円や10万円など少額の利益ですぐに確定申告が必要になるわけではありませんが、利益が年間38万円を超えた時点で確定申告が必要になるのです。

この場合の「利益」とは、買った通貨を売って利益確定したときの金額で計算します。

持っている仮想通貨が値上がりしても、持っているだけで含み益が発生しているだけでは課税の対象にはなりません。

ということは、利益が38万円を超えそうになったら、その年は売るのをストップして仮想通貨として持っておくというのもひとつの方法です。

その仮想通貨を売って日本円にしたり、別の仮想通貨に交換するとその時点で利益確定となり課税対象となります。

仮想通貨投資にチャレンジしてみて、もし利益が年間38万円を超えそうになったら、早めに親に相談して税金についての対策を考えるようにしましょう。

未成年の仮想通貨投資まとめ

取引所の口座開設は未成年にはハードルが高そうなイメージですが、実は未成年でも仮想通貨を買うことができます。

国内取引所ならコインチェックやビットフライヤー、ビットバンクなどが未成年の登録を受け付けていますので、親の承諾書を用意して申し込みをしてみましょう。

取引所に登録さえできれば年齢による機能の制限は特にありませんので、一般ユーザーと同じ取引ができます。

ただし未成年で登録できる取引所はそこまで多くありませんので、選択肢が狭くなるのは事実。

未成年のうちは初心者でも使いやすいコインチェックからはじめて、成人になったら他の取引所にも登録してみるという流れがおすすめです。

若いうちから投資やブロックチェーンという新しい技術に興味を持つことは将来プラスになりますので、ぜひ仮想通貨投資に積極的にチャレンジしてみてください。

まずは登録して仮想通貨に触れてみましょう!

\定番の仮想通貨取引所!/

コインチェックに無料で登録する!

▼他の仮想通貨の買い方については以下の記事で詳しく紹介しています。仮想通貨の買い方・購入方法を初心者にもわかりやすく解説!【3ステップ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です