DeCurret(ディーカレット)の入金・ 出金・送金の方法を解説!

DeCurret(ディーカレット)は、保有している仮想通貨を電子マネーにチャージして使えるという全く新しいサービスを提供している仮想通貨取引所です。

仮想通貨をより身近にしてくれるサービスとして将来性に注目が集まっています。

しかし、日常的に使う取引所となると、日本円や仮想通貨の入出金などの使い勝手も気になるところ。

いくら便利でも手数料が高すぎると魅力も半減してしまいますよね。

実際のところは、ディーカレットは日本円の入金は手数料無料でコンビニからの即時入金も可能と優秀です。

今回はディーカレットの入金や出金、送金のやり方や手数料について詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

この記事を読むとわかること

  • ディーカレットに日本円を入金する方法
  • ディーカレットからの出金方法
  • ディーカレットの入出金手数料
  • 仮想通貨を送金する方法

まだDecurretに登録していない方は今のうちにしておきましょう!

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

▼ディーカレットの評判については以下の記事をご参考ください。DeCurret(ディーカレット)の評判・口コミ、メリットやデメリットを解説!

Decurret(ディーカレット)の入金方法

ディーカレットの入金方法

ディーカレットの入金方法は3種類用意されており、そのときの状況に応じて最適な方法を選んで使い分けることができます。

  • 振込入金
  • ペイジー入金
  • コンビニ入金

いずれの方法もディーカレットに支払う入金手数料のようなものはなく、回数や金額にかかわらず無料で日本円を入金することができます。

それぞれの入金方法について詳しく紹介していきます。

振込入金

振込入金(通常入金)
入金可能時間 24時間365日
手数料 無料(振込手数料はユーザー負担)
入金に必要な時間 即日または金融機関翌営業日(利用する銀行によって異なる)
最低金額 1円から
最高金額 上限なし

振込入金はディーカレットの入金用口座に銀行振込をして入金する方法です。

ディーカレットのアプリ内のメニューでは通常入金という名称になっています。

振込元になる銀行の振込手数料はユーザー負担ですが、入金手数料のようなものはかかりません。

平日の金融機関営業時間内なら当日中に入金しますが、営業時間外の場合は24時間即時振込に対応する銀行から振込をした場合のみ即日入金します。

最近はメガバンクやネット銀行からの振込なら基本的に土日祝日や夜間でも当日入金します。

しかし即時反映ではありませんので、急いでいるときはペイジー入金がおすすめです。

振込入金は最低入金金額の制限がありませんので、たとえば100円だけ入金するということもできます。

ペイジー入金やコンビニ入金は最低1,000円からなので、1,000円未満を入金したいときは振込入金を利用しましょう。

ペイジー入金

ペイジー入金(クイック入金)
入金可能時間 24時間365日
手数料 無料
入金に必要な時間 即時反映
最低金額 1,000円以上
最高金額 1回あたり1,000万円まで

ペイジー入金はネットバンキングの預金口座から即時入金できるサービスです。

ディーカレットのアプリ内では入金メニューの中のクイック入金を選択するとペイジー入金が利用できます。

他社の取引所ではクイック入金に手数料がかかることがありますが、ディーカレットなら手数料無料なのがメリット。

何回でも無料でクイック入金できますので、必要なときに必要な金額だけを入金できるのがよいところです。

コンビニ入金

コンビニ入金(クイック入金)
入金可能時間 24時間365日
手数料 無料
利用可能なコンビニ ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート
入金に必要な時間 即時反映
最低金額 1,000円以上
最高金額 1回あたり29万9,999円まで

コンビニ入金はローソンやファミリーマート、ミニストップなどの店頭にある端末を操作して、レジで支払いをして入金を行います。

コンビニのレジで支払いを完了すれば即時反映されます。

支払いをするコンビニとして現状ではセブンイレブンは対応していませんので注意してください。

ディーカレットのアプリ内ではコンビニ入金もクイック入金という名称です。

アプリで入金メニューからクイック入金を選択すると、ペイジー入金を利用するのかコンビニ入金を利用するのか選ぶという流れです。

コンビニ入金では銀行の通帳に記録が残りませんので、確定申告をする人はコンビニのレジで支払いをしたレシートを保管しておくようにしましょう。

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

Decurret(ディーカレット)の出金方法

ディーカレットの出金方法

次に、ディーカレットに預けている日本円を出金する方法について見ていきましょう。

日本円の出金

銀行口座への出金
手数料 1回あたり275円(税込)
入金に必要な時間 翌営業日
最低金額 制限なし
最高金額 1日あたり1,000万円まで

ディーカレットに預けている日本円資産は、簡単な出金申請をするだけで銀行口座に出金できます。

日本円を出金したいときはディーカレットのアプリで出金を選択し、出金金額を入力し、確認をタップするだけで手続きが完了します。

このとき初回のみ出金先の銀行口座の登録を行います。

日本円の出金には1回あたり275円の手数料がかかります。

1回275円という金額は国内の仮想通貨取引所の中で比較すると特別高くも安くもなく、標準的な金額と言えるでしょう。

電子マネーにチャージすることも可能

ディーカレットの電子マネーチャージサービス

ディーカレットには保有している仮想通貨資産を電子マネーにチャージするサービスもあります。

電子マネーチャージにも手数料がかかりますが、日本円の出金よりも安くなっています。

出金したい金額がそこまで大きくないなら、手数料節約するために電子マネーチャージを利用するのもひとつの方法です。

電子マネーへのチャージ手数料(1回あたり)

  • チャージ金額3,000円以上…無料
  • チャージ金額3,000円未満…110円(税込)

たとえば、3,000円以上を電子マネーチャージするときは手数料が無料なので、仮想通貨を売ってその日本円を出金するよりもお得です。

チャージできる電子マネーは楽天Edy、nanaco、au WALLETプリペイドカードの3種類。

コンビニでも気軽に使えますので、金額が小さいなら電子マネーにチャージしてしまうのもよいでしょう。

au WALLETプリペイドカードはMastercard加盟店で使えますので、オンライン決済でも使えます。

出金したい金額やそのときの状況に応じて日本円の出金と電子マネーチャージを使い分けるましょう。

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

Decurret(ディーカレット)の出金にかかる時間

ディーカレットの出金にかかる時間は1営業日です。

つまりディーカレットの管理画面から出金申請をした翌営業日に出金用口座に入金します。

金曜日に出金申請をすると土日を挟んで週明けに出金されることになりますので、急いで出金したいときは早めに申請しておくようにしましょう。

なお出金申請の締切時間は毎日23:55となっています。

23:55までに出金申請が完了した場合は翌営業日に入金しますが、申請が23:55を過ぎると翌々営業日に入金しますので注意しましょう。

Decurret(ディーカレット)の送金方法

ディーカレットから仮想通貨を送金するときは、先に送金先のウォレットのアドレスを準備してから、ディーカレットの管理画面で送金の手続きをしましょう。

まずディーカレットのアプリで送金したい仮想通貨を選び、その仮想通貨のメニューから「送る」をタップします。
次の画面で準備しておいた送金先のアドレスと数量を入力しましょう。

送金先のアドレスはコピーしたものを貼り付けすることもできますし、カメラでQRコードを読み取って入力することもできます。

Decurret(ディーカレット)の送金にかかる時間

ディーカレットの仮想通貨の送金にかかる時間は、送金する仮想通貨によっても変わりますが、手続きをした当日中に送金できることが多いです。

利用者の口コミや体験談を参考にすると、ほかの取引所よりも処理が速く、ストレスなく仮想通貨を送金することができます。

Decurret(ディーカレット)の入金・出金・送金まとめ

DeCurret(ディーカレット)は日本の大手企業が運営しているだけあって、日本円の入出金の利便性はとても高くなっています。

入金は銀行振込やコンビニ入金、ペイジー入金いずれも手数料が無料でコンビニとペイジーは即時入金が可能です。

出金は一回275円の手数料がかかりますが、ディーカレットの特徴である電子マネーチャージを使えば手数料を安くすませることもできます。

仮想通貨の送金についてもセキュリティを維持しつつ、送金スピードが速いためストレスなく利用できるでしょう。

安心して利用できる大手企業の運営で入金や出金も便利な取引所を探しているなら、ディーカレットを検討してみてはいかがでしょうか。

\各種手数料無料が魅力!/

DeCurretに無料で登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です