SBI VCトレードの評判・口コミやメリット・デメリットを紹介!

SBI VCトレードは、ネット証券で有名なSBIグループの仮想通貨取引所ということで、登録を検討している人も多いはず。

SBIといえば金融業界で長年実績がある会社ですし、リップルのパートナー企業になるなど仮想通貨業界と関わりが深いので、今後のサービス展開にも期待してしまいますよね。

しかし、日本には大企業グループの仮想通貨取引所は複数ありますので、その中でSBI VCトレードの評判や使い勝手はどうなのか?という点も気になると思います。

そこで今回はSBI VCトレードの評判や口コミ、メリットやデメリットについて詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

SBI VCトレードの概要

SBI VCトレード

SBI VCトレードはインターネット証券で実績のあるSBIグループの仮想通貨取引所です。

インターネット証券業界では最大手のため、その企業が仮想通貨交換事業にも参入したということで大きな注目を集めています。

運営会社の信頼性やセキュリティ対策などの安全面はしっかりしており、もちろん金融庁の認可も受けています。

取引所の使い勝手としては販売所形式がメインで、現物取引専門のため、分かりやすく安心感があります。

仮想通貨投資の初心者にもおすすめできる取引所となっています。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

SBI VCトレードのメリット

日本には大手企業が運営する取引所がたくさんありますが、SBI VCトレードにはどんなメリットや特徴があるのか詳しく紹介していきます。

大手が運営していて安心

SBI VCトレードは東証一部上場の大手企業が運営しているので安心感があるのがメリットです。

運営会社が突然倒産したり急にサービスが終了するという不安もなく、個人情報の取り扱いなどもしっかりしています。

また、SBIグループはネット証券を長年運営していますので金融関係で実績があり、仮想通貨取引所においてもセキュリティ対策など技術面でも安心感があります。

SBI VCトレードでは取引所のコンセプトのひとつとして「Reliability(信頼性)」を重要視しており、安全対策が徹底されています。

セキュリティにおいては具体的には以下のような対策が行われています。

  • 仮想通貨をコールドウォレットで保管
  • 秘密鍵をマルチシグで管理
  • 顧客資産の分別管理

いずれも仮想通貨の漏洩やハッキング事件の対策として重要なものですが、SBI VCトレードでは上記の対策が徹底されており、金融庁からの認可も得ています。

手数料が安い

SBI VCトレードの手数料

SBI VCトレードは仮想通貨取引をする上での各種手数料が安いのがメリットです。

特に安いのは日本円の入出金手数料で、SBI VCトレードへの日本円の入金は無料、出金手数料は最低で1回50円までおさえることができます。

また、取引手数料は無料で、販売所のスプレッドについても他社と比べて広いということもありません。

取引所の利用にコストをかけたくない人や、サブで使う取引所を探している人にもおすすめできます。

取引画面が使いやすい

SBI VCトレードの取引画面

使い勝手としては取引画面がシンプルで使いやすいのがメリットです。

SBI VCトレードは販売所形式の現物取引がメインなので、取引の知識がない初心者でも数量や金額を入力するだけで簡単に仮想通貨の売買ができます。

取引ツールの使い方を間違えて注文に失敗して損してしまうという心配もなく、初心者でも安心です。

仮想通貨の初心者が試しにお小遣い程度で売買してみたいという使い方にもおすすめできます。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

SBI VCトレードのデメリット

SBI VCトレードのデメリットや注意点についても確認しておきましょう。

取り扱い通貨が少ない

SBI VCトレードの取り扱い通貨

SBI VCトレードは取扱い通貨が3種類のみと少ないのがデメリットです。
売買できる銘柄は以下の3種類です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

このように時価総額上位の定番コインを扱っていますが、そのほかのアルトコインについては現状では売買することができません。

他社の取引所ではコインチェックのように10種類の仮想通貨を扱っているところもありますので、SBI VCトレードは明らかに少ないのが残念なところです。

レバレッジ取引ができない

さらに、現物取引のみでレバレッジ取引ができないのもデメリットとなるでしょう。

国内の取引所ではビットフライヤーやGMOコインのように、現物取引とレバレッジ取引の両方に対応したところもあります。

そういった取引所と比べるとできることが少なくなるため、仮想通貨の取引で大きく稼ぎたい人には向いていない取引所となります。

取引量が少ない

SBI VCトレードは取引所のオープンが遅く、準備に期間が長かったこともあり、他社と比べて取引量が少ないのがデメリットです。

SBI VCトレードでユーザー同士の板取引が導入されたのが2019年7月のことで、これから徐々にユーザーが増えてくることが期待されますが、現状は他社と比べて取引量は少ないことに注意が必要です。

ただしSBIがリップルと提携しているということがあり、リップルについてはキャンペーンも開催されており、活発に取引されています。

今後の展開次第では取引量が徐々に増えていくということが期待できます。

SBI VCトレードで開催中のキャンペーン

2019年10月時点でSBI VCトレードで開催中のキャンペーンを紹介します。

取引金額に応じてリップルがもらえるキャンペーン

リップルもらえるキャンペーン

2019年11月29日までの期間限定で、リップルの取引金額に応じてリップルがもらえるキャンペーンが開催中です。

たとえば、キャンペーン期間中に10万円分以上のXRPの取引を行うと、1,500円相当分のXRPがプレゼントされます。

取引量が増えるほどプレゼントが豪華になっていき、最大で20万円相当のXRPがプレゼントされます。

リップルと提携しているSBI VCトレードならではのキャンペーンと言えるでしょう。

ネオモバ利用者向けキャンペーン

ネオモバのキャンペーン

2019年11月29日までの期間限定で、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)を利用中の人がSBI VCトレードの口座を開設すれば1,000円分のXRPがもらえるキャンペーンを実施中です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、TSUTAYAやファミリーマートでおなじみのTポイントを使って株を買うことができるSBIグループの証券会社です。

ネオモバユーザーで仮想通貨にも興味がある人は、キャンペーン期間中にSBI VCトレードの口座を開設するとお得に仮想通貨投資を始めることができます。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

SBI VCトレードの口コミ・評判

SBI VCトレードの口コミ・評判を調べてみると、リップルが好きな人から評判が良いという特徴があります。

また、入出金手数料が安いというメリットも口コミで高評価を得ています。

SBI VCトレードはリップルの売買をしている利用者が多く、口コミでも体験談がたくさん見つかります。


このように他社取引所で持っていたリップルをSBI VCトレードに集めて取引するというユーザーもいるようです。

また、リップルプレゼントのキャンペーンについても好評で、話題になっています。

使い勝手では、住信SBIネット銀行からの日本円の入金が便利という口コミが多いです。

しかも、日本円の入金手数が無料なので、少額ずつ頻繁に入金しても損になりません。

その他、取引機能が改善されつつある点も評判が良好です。

SBI VCトレードがおすすめな人

SBI VCトレードがおすすめな人は、これから仮想通貨取引を始めていきたい初心者の方です。

販売所形式の現物取引がメインで、分かりやすい取引画面が特徴のため、仮想通貨取引が初めての人が最初に登録する取引所としておすすめできます。

また、取引所を利用する上で発生する手数料をできるだけ安くしたい人にもおすすめです。

SBI VCトレードではグループ会社の住信SBIネット銀行を利用することで入金手数料が何度でも無料になります。

さらに、日本円の出金手数料は金額・回数にかかわらず1回あたりたったの50円となります。

住信SBIネット銀行の口座を持っているなら、サブの取引所としてSBI VCトレードの口座も開設しておくと便利です。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

SBI VCトレードをおすすめできない人

SBI VCトレードをおすすめできないのは、いろいろな種類の仮想通貨を売買したい人です。

SBI VCトレードで売買できるのはビットコインとイーサリアム、リップルの3種類のみ。

ライトコインやネム、モナコインなどそのほかの仮想通貨にも興味があるなら、取り扱い仮想通貨の種類が多い取引所が向いています。

たとえばコインチェックでは10種類の仮想通貨を販売所形式で売買できますので、アルトコインに興味があるならコインチェックがおすすめです。

SBI VCトレードの評判・口コミまとめ

SBI VCトレードは大手企業の仮想通貨取引所で安心感があり、手数料も安いのがメリットです。

特に日本円の入金が無料で、出金も50円でできるというのは口コミでも評判がよいポイントです。

ただし、取り扱い仮想通貨は3種類とほかの取引所より少なく、レバレッジ取引ができないというデメリットもあります。

時価総額上位の銘柄だけでなくいろいろなアルトコインを売買したいなら、コインチェックのように上場銘柄が多い取引所の登録も検討してみましょう。

仮想通貨取引所はいくつ利用しても問題ありませんので、気に入ったところは複数登録して使い分けるのがおすすめです。

運営会社の信頼性や手数料の安さを重視したいなら、SBI VCトレードの口座開設を検討してみるのがおすすめです。

\セキュリティが高い!/

SBI VCトレードに無料で登録する!

▼他の仮想通貨取引所については以下の記事で詳しく紹介しています。

【2020年版】仮想通貨取引所の7社比較おすすめランキング!どこに登録するべき?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です